きくち体操「肩こりを改善する」(365本会員限定)

本会員は全ての動画・記事が見放題!
入会初月1ヶ月無料

365本会員(有料)に登録する

健康

自分の体を自分でよくするために、毎日家でできる動きを「きくち体操」創始者の菊池和子(きくち・かずこ)さんが実演・指導します。雑誌ハルメク掲載のきくち体操連載との連動で、毎月1つずつ新しい動きを紹介しています。 

今回(「ハルメク」2022年12月号)のテーマは、 「肩こりを改善する」です。「肩こりは、全身の血流が悪く なってきているのを知らせるサインです」(菊池さん)。手の指、手のひら、 両腕で上半身を支える「にゃんこさん」の動きをして、血流やリンパの流れ をアップさせましょう!

 

※ハルメク2022年12月号で詳しく読みたい方は こちら
※ハルメク365本会員(有料)なら、電子版でお読みいただけます。詳しくはこちら


 


菊池和子さんプロフィール

1934(昭和9)年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。体育教師を経て「きくち体操」を創始し、以来 50年以上、毎日の授業、ラジオ、テレビ、講演などを通して指導にあたる。神奈川・東京に直営教室を持つ。『「意識」と「動き」で若く、美しく! きくち体操』『立ち方を変えるだけで「老いない体」DVD付き』(ともにハルメク刊)など著書多数。

【きくち体操とは】

 

きくち体操は、形・回数を目標にして動かすのではなく、脳で自分の体を感じ取って動かします。「体は、あなたの命そのもの。今日から一緒に動かしましょう」(きくち体操創始者 菊池和子さん・89歳)

※きくち体操が行っている会員制(有料)のウェブサイト 『ネットできくち体操』も好評配信中です!

365本会員に登録すれば動画が見放題!

  • びっくり1
  • 役に立つ11
  • 泣ける0

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加